ロゴ

DRIVER LICENSE GUIDE

免許の必要性

首都圏に住んでいる場合、電車やバスが充実しているため自動車免許の必要性を感じることがないかもしれません。しかし、運転免許は身分証明にもなるので取得して損はしないでしょう。

免許合宿で取得する前に知りたい免許のコト

初心者マーク

運転免許の種類とは?

最もポピュラーなのが普通自動車免許です。少なくとも、56~7時間の教習が必要となるでしょう。社会人の場合は、仕事をしながらになるので時間がかかりますが、学生の場合は長い休みを利用してスピーディーに取得できます。それが免許合宿の長所でもあります。ちなみにAT限定を取得した後、限定解除をすればMT免許や二種免許の取得が可能となります。バイクの場合は、原付や大型、中型と免許も分かれており、普通自動車免許同様免許合宿にて取得ができます。もし、将来運送会社勤務がしたいなら大型、中型、特殊の免許を取得しましょう。ただ、普通免許より難易度が高いので、時間もそれなりにかかります。

合宿免許の気になる魅力

宿舎に泊まりながらのプランなので、旅行気分が味わえるのは大きなメリットでしょう。お友達同士でもいいですし、仲良しグループやカップルでの参加が可能です。また、宿舎以外にホテルや旅館を指定できる免許合宿もあります。滞在費は、すでにパッケージへ含まれているので、安心して参加できるでしょう。出発から帰宅までを補償する国内旅行損害保険にも加入するので、万が一のトラブルに即対応できます。18歳のお子様を見知らぬ土地へ送り出す時に活用してくださいね。

気になる料金

教習所に通うよりも大分お得になる免許合宿ですが相場は、宿泊費と交通費込みで20万円~30万円の間です。もっと安いところだと20万円以下でプランを提供する教習所もあります。予算と照らし合わせながら検討しましょう。

[PR]
免許合宿をエリアで探す
通いやすいところが発見!

通学VS免許合宿どっちがいい?

早く取得するなら免許合宿

費用はさておき、より早く取得するなら免許合宿一択です。早い人で14日にはもう最終段階に突入しているでしょう。時間を有効に使いたい人ほど、免許合宿が向いています。

地元でゆったり取得するなら通学

免許合宿の場合、期間が予め決まっているためスケジュールもぎゅうぎゅうです。自分のペースでじっくり勉強したいなら、通学がおすすめでしょう。時間はかかりますが、運転技術をしっかり身に付けることができます。

早速申し込みをしよう

特徴を知った段階で、すでに免許合宿に心惹かれている人もいるはず。どのようにして参加をするのか、下記で流れを紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

入校までの流れ

まずは教習所を決めよう

希望のプラン、地域、日程、宿泊、料金などの大まかな部分が決まった後は、教習所探しをしましょう。ネットで地域をクリックすれば、教習所がずらりと表示されます。

申し込みをしよう

教習所に空きがあった場合は、ネットや電話で申し込みを完了します。もし、目当ての教習所で免許取得がしたい場合は、空きができ次第連絡してくれます。

料金をまとめて支払う

申し込み完了したら、合宿免許にかかる費用を全額支払います。方法は振り込み、分割払いの二点から選べますよ。分割の場合は、運転免許取得専門のローンへ申し込むこともあります。

いよいよ出発!

支払いが完了したら、いよいよ現地に向けて出発です。宿泊先にもっていくものは、前日に準備しておきましょう。合宿免許で必要な物はネットでも紹介されていますよ。

教習開始

到着後、聴力や視力を測る適性検査を受けて、第一段階の教習をスタートさせます。検定に合格すると仮免許取得となります。順調にステップを踏んでいけば、短期間卒業も夢ではないでしょう。

広告募集中