免許合宿をする人に知ってほしい免許のアレコレ

生活を豊かにする車

電車やバスといった交通機関が充実していても、車がある生活はやはり違うでしょう。ドライブできますし、高速に乗って遠出もできます。生活の幅は確実に広がるでしょう。そして運転免許には、MTとATがあるので、二つの特徴を見て取得する免許を決めてくださいね。また、集中して学べる免許合宿はおすすめです。MTの場合でも通学よりは早く取れるでしょう。

MT?それともAT?二つを比較してみた!

操作が複雑なMT

ATよりも操作をする機会が多いため、技能時間はATの30時限よりも4時間ほど長くなります。近年は、AT車が圧倒的に増えており、また普通自動車でもMTに対応する車種は大変少なくなっています。そういう理由からも、取得数は例年よりも低くなっています。

比較的簡単で取りやすいのがAT

技能時間が30時限とMTより少なく、複雑な操作が必要ないため免許合宿でも通学でも比較的早く取得できるのが魅力です。料金も安く設定されており、気軽に取るならATが相応しいでしょう。

免許合宿をする人に知ってほしい免許のアレコレ

男性

合宿中の生活

免許合宿は、通学スタイルとは違い、毎日集中的に決められた日程で授業を受けるのが基本です。一日で行なう教習は、平均4~6コマです。1コマが1時間近くかかるので、5時間から6時間程度教習を受けることもあるでしょう。そのため、忙しいかそうでないかは、個人の感じ方で違ってきます。ちなみにMTは覚えることが沢山あるので、余計忙しく感じるかもしれません。

教習所

仕事をしながら取得する場合

MT免許や特殊免許を取得するとなれば、仕事しながらだとまとまったお休みを頂かないといけません。この場合は、分割合宿に切り替えるのもアリでしょう。第一段階が終了した後、一時帰宅をして時間が空いた時に教習を開始するという合宿方法です。ただ、まだ対象となる教習所が少ないため一度問い合わせした方がいいでしょう。空いた時間は復習に使うこともできますよ。

笑顔の女性

あると便利な持ち物


入校時に必ず必要となる本人確認書類、住民票、印鑑は必ずかばんの中に忍ばせておきましょう。外国人の方は在留カードが必須ですよ。また、筆記用具や、保険証、お出かけの際に使う小さいバッグがあると便利です。免許合宿の費用は入校前に全額支払いますが、ほとんどのプランに自由時間が設けられています。そのため、外に出歩くことも考えられるでしょう。さらに、仮免許試験料や交付手数料も発生するので、合わせて3万円を持参しておくと安心です。後は、タオルや衣類、歯ブラシ、洗顔、シャンプー&リンスといった普段使っているアイテムも準備してくださいね。現地にスマホや電子機器を持っていくなら、充電器も忘れないようにしましょう。

広告募集中